ペット保険|いぬとねこの保険

フレンチ・ブルドッグの保険

フレンチ・ブルドッグは、コンパクトな割にがっちりとした身体としし鼻や直立した耳が特長で、一般社団法人ジャパンケネルクラブ(以下JKC)の2019年飼育頭数ランキングで5位となっている日本国内での人気犬種です。
フレンチ・ブルドッグも他の犬種と同じように怪我や病気になることもあり、今後の医療費を考えペット保険を選ぶ際には、犬種ごとの性格・身体的特徴・かかりやすい病気などを把握しておくことが大切です。

フレンチ・ブルドッグ

性格・身体的特徴・人気の理由・飼い方

フレンチ・ブルドッグは小型犬のわりに力強く活動的な犬として知られています。
より詳しくフレンチ・ブルドッグを知っていただくために、性格・身体的特徴・人気の理由・飼い方まとめました。

基本的性格

フレンチ・ブルドッグの性格は社交的で、人と遊ぶのが大好きです。自由奔放な面もありますがとても頭のよい犬種です。また、独占欲が強くとても甘えん坊です。
フレンチ・ブルドッグは基本的には穏やかな性格ですが、小型犬のわりにはパワーあり、闘犬系の血も入っていることを考えると、幼少期のしつけは重要です。

身体的特徴

フレンチブルドッグは「コウモリの耳」と呼ばれる直立した耳と非常に短い鼻が特徴的です。大きくて四角くい頭に、コンパクトながらも骨格のしっかりとした非常に筋肉質な体をしています。
毛色については「ブリンドル」「フォーン」及びこれらにホワイトの班がある「バイド」「フォーン・アンド・ホワイト」があります。被毛は短く、鮮やかでとても滑らかです。
理想体重は牡:9kg ~14kg、牝:8kg ~13kgとされています。

人気の理由・飼い方

フレンチ・ブルドッグが人気の理由は、明るく愛情深い性格と愛嬌のある表情ですが、他にも人間や他の動物たちとの生活に適応ししやすく、屋外運動をあまり必要としないことなどがあげられます。
フレンチ・ブルドッグは吠えることが少ないので、マンションなど集合住宅でも飼いやすい犬種と言えます。

以下が飼育上の注意です。
必要な運動量が少ないので散歩はあまり必要ではありません。「気分転換」を目的にメリハリをつけて短時間だけ外へ連れ出してあげましょう。一方で、飼い主と密な関係を気づき上げることを好む犬です。お部屋の中で一緒に遊んであげるように意識しましょう。
噛みつくことが好きで顎の力が強い犬のため、噛みつかせて遊ぶ玩具を取り入れてあげると本能的な欲求も満たされます。

フレンチ・ブルドッグに限らず、短頭種は体温調節が苦手とされています。室内で遊んだり運動をする際は室温に気を配りましょう。また、夏場の屋外散歩や冬の暖房の効いた室内も注意が必要です。

かかりやすい病気・ケガ

フレンチ・ブルドッグはいくつかの先天性・遺伝性疾患があり、頭種気道症候群がその一例です。また、皮膚、眼、耳の疾患には注意が必要な犬種です。

  • 短頭種気道症候群:短頭種は、鼻・喉・気道が狭いという生まれつきの特徴を備えています。この特徴が原因で生じる呼吸器症状をまとめて「短頭種気道症候群」と呼びます。悪化すると呼吸困難や熱中症の原因となります。
  • チェリーアイ:目頭にある第三眼瞼(瞬膜)が飛び出してしまう病気です。第三眼瞼の刺激で、角膜や結膜に炎症を起こしたり、涙や目やに出ることがあります。
  • 皮膚炎:特にアレルギー性皮膚炎が好発します。強いかゆみやフケが生じ、掻くことで皮膚が傷つきただれてしまいます。食べ物のアレルギーがある場合は食餌性皮膚炎、ハウスダスト、花粉、ダニ、真菌など環境にアレルギーのある場合はアトピー性皮膚炎に分類されます。
  • 椎間板ヘルニア:背骨と背骨の間にある椎間板が損傷し、変形することで、脊髄や神経を圧迫してしまう病気です。外傷で起こすこともあります。
  • 外耳炎(アカラス他含む):耳ダニの感染、傷などの外耳の炎症です。
  • 悪性腫瘍(がん):他犬種よりもがんになりやすいことが知られています。

フレンチ・ブルドッグに必要な補償内容

フレンチ・ブルドッグのかかりやすい病気といわれているのは、皮膚疾患や短頭種特有の短頭種気道症候群などです。
通院治療が中心となる皮膚疾患と違い短頭種気道症候群は、手術も念頭に置く必要があるため、フルカバープランで日数回数限度、日額限度のないペット保険をおすすめしております。

短頭種気道症候群で「入院1日間、通院4日間、手術1回」が必要になった場合

傷病別の必要な補償内容

目の病気

フレンチ・ブルドッグは遺伝的にチェリーアイを発症しやすいと言われています。チェリーアイは目頭にある第三眼瞼(瞬膜)が飛び出して赤く腫れてしまう病気です。発症後すぐであれば獣医師がピンセットで戻すことが可能なケースもありますが、症状が悪化した場合は手術での修復が必要となります。長引く通院や手術にも対応したフルカバータイプの保険で備えるのがよいでしょう。

皮膚の病気

とくにアレルギー性皮膚炎が高頻度で起きます。再発や慢性化するケースも非常に多いため、きちんと完治させる必要があります。皮膚炎の治療ついては、通院のみの限定補償型でも問題ありませんが、再発のリスクを考慮すると、限度日数や限度回数のないペット保険が良いと言えます。また二次的なものとして細菌感染して悪化するケースもよくあるため、長期の通院治療を想定する必要があります。

短頭種気道症候群

短頭種特有の身体的特徴が原因で生じる呼吸器症状をまとめて「短頭種気道症候群」と言います。症状の軽いうちは薬物療法で症状を抑えるケースもありますが、熱中症や呼吸困難を引き起こす恐れがあるので、悪化する場合は手術がすすめられています。通院での薬物治療にも手術にも対応できるフルカバーの保険が望ましでしょう。

ペット保険の選び方のポイント

ペット保険の選び方のポイント

皮膚病の通院や短頭種気道症候群での手術などの健康トラブルが起きやすいフレンチ・ブルドッグですが、ペット保険選びにおいては、飼い主さんのライフスタイルや経済力にあったものを選ぶことが大切です。

すべての補償を重視

短頭種気道症候群・皮膚炎・チェリーアイなどのなりやすいケガ・病気の備えは勿論、それ以外の病気などにも備える場合は、通院・入院・手術に大きな補償で対応するプラチナプランがおすすめです。

通院などの少額補償を重視

頻度の低い高額診療は貯金などで備え、頻発する皮膚炎などの備えとして通院補償のみの保険でもよいと言えます。その場合はゴールドプランがおすすめです。

手術などの高額補償を重視

健康でも高額診療費が発生する骨折の手術や万が一の大きな病気での手術に備える場合は、手術特化型のパールプランがおすすめです。

年齢ごとの病気・ケガの注意点まとめ

子犬(0-1歳)

目のトラブルは年齢に限らず発生しますが、チェリーアイについては子犬の場合は特に注意が必要となります。また、短期種気道症候群についても幼少期から注意が必要です。日頃から呼吸音に気を配り、異音が感じられた場合はすぐに獣医師に相談しましょう。

成犬(1歳- 6歳)

皮膚炎の症状が出始める時期です。身体を掻いていないか、毛の抜けているところはないか、皮膚に赤みがないか等、皮膚の異常に注意しましょう。またヘルニアの症状も3~6歳に発症しやすいと言われています。抱っこを嫌がったり、歩き方や姿勢が普段と異なる場合はすぐに受診するようにしてください。

老犬(7歳以降)

フレンチ・ブルドッグは他犬種よりも悪性腫瘍(がん)になりやすいと言われています。がんの発症リスクは7~8歳から上昇するとされており、早期発見のためには半年~1年に一度の定期検診が重要になります。身体を撫でてみて「しこり」を感じたり、下痢や嘔吐を繰り返す場合もすぐにかかりつけの動物病院に相談しましょう。