犬と猫のペット保険|いぬとねこの保険

お電話でのお問合せは0120-34-9766営業時間:平日10:00〜17:00 土日・祝日・年末年始を除くお電話でのお問合せは0120-34-9766営業時間:平日10:00〜17:00 土日・祝日・年末年始を除く メニュー

猫の下痢の原因とは?

猫も下痢をすることがあります。食事の変化や異物の誤食、ストレスなどさまざまな原因が考えられます。一過性ですぐに落ち着くこともありますが、重大な病気が隠れている可能性もあるため注意が必要です。

今回は、猫の下痢の原因や考えられる病気、対処法や気をつけるべき症状などを解説します。

猫

猫の下痢の原因とは?

猫、ペットフード


人間と同様に、猫も下痢になることがあります。下痢は、便の水分量が増えすぎている状態です。

まずは、猫の下痢の原因について解説します。

  • 食事の変更
  • 異物の誤飲・誤食
  • ストレス
  • 内服薬

食事の変更

フードやおやつを変えた後、消化吸収不良を起こして下痢をすることがあります。
消化吸収不良は、ご飯を食べ過ぎた際も起こりうるため注意が必要です。
この場合、消化管を休ませるために食事を抜いて対処することがあります。しかし、飼い主の自己判断で絶食させると低血糖になってしまうリスクがあるため、必ず獣医師の意見にしたがってください。

また、食事やおやつが体に合わず、アレルギー反応で下痢を起こしてしまうこともあります。フードを変えてしばらくしてから下痢が落ち着く分にはあまり問題ありませんが、時間が経っても下痢が続いている場合は、動物病院でアレルギー検査を受け、食事を見直しましょう。

異物の誤飲・誤食

消化できないものを誤飲・誤食してしまい、下痢を引き起こしている可能性もあります。
特に、猫は毛づくろいで毛を飲み込みすぎてしまうことがあるため、注意が必要です。
また、腐ったものを誤食したり、殺虫剤のような中毒物質を口に入れたりしているリスクもあります。

異物の種類によっては、代謝されてしばらく経つと、さらに重篤な症状が現れる可能性があるため、すぐに動物病院を受診しましょう。

ストレス

食事や誤食などに思い当たる節がない場合は、ストレスが原因かもしれません。
猫は環境変化に弱く、少しの変化で大きなストレスを感じてしまうことがあります。
直近で以下のような変化がなかったか、思い返してみましょう。

  • 引っ越しをした
  • 部屋の模様替えをした
  • 新しいペットを迎え入れた
  • 子どもが増えた
  • ペットホテルに預けていた
  • 長時間の移動があった

ストレスが原因の下痢は、ストレスの原因を取り除く、あるいは猫が環境変化に慣れることで落ち着くケースが多いです。

ストレスは、下痢以外にもさまざまな不調の原因となります。何が原因かわからない、長時間下痢が続いている、という場合は獣医師に相談してください。

内服薬

内服薬の副作用で下痢になってしまうこともあります。特に、抗生剤を服用している場合は注意が必要です。

内服薬は治療のために必要な薬であり、飼い主の自己判断で服用をやめたり量を減らしたりすることはできません。下痢が見られる場合は、その旨を獣医師に相談しましょう。

猫の下痢の原因として考えられる病気はある?

猫、トイレ


何らかの病気が原因で下痢を引き起こしている可能性も考えられます。
下痢が症状として現れる病気は非常に多いため、動物病院で診察を受け、病気を特定する必要があります。

ここでは、猫の下痢の原因として考えられる病気を紹介します。

カンピロバクター感染症

細菌性の感染症の中では、特にカンピロバクター感染症に注意が必要です。通常、カンピロバクターに感染しても猫には症状が現れません。しかし、免疫力が低下していたり、抵抗力が弱い子猫やシニア猫の場合は、カンピロバクターによって体調を崩してしまうことがあります。

猫汎白血球減少症

猫汎白血球減少症は、猫パルボウイルスに感染して起こる病気です。腸に炎症が起こり、下痢や嘔吐、白血球数の減少や貧血などの症状を引き起こします。放置すると、血便が出たり黄緑色の液体を吐いたりします。死に至る可能性もあるため、注意が必要です。

ワクチンを接種して予防することが大切です。

猫伝染性腹膜(FIP)

猫伝染性腹膜(FIP)は、猫コロナウイルスが変異し、体内で強毒化することで発症する病気です。子猫に多く見られ、発症するとあっという間に症状が悪化してしまいます。

猫コロナウイルス自体は、感染しても軽度の下痢や嘔吐などで終わることが多いです。

一方、猫伝染性腹膜(FIP)は重篤な症状を引き起こし、致死率も高い恐ろしい病気です。

回虫症

回虫症は、回虫という寄生虫に感染し、下痢や嘔吐、食欲不振といった症状が見られる病気です。猫が外に出ている場合は、感染する確率が高まるため注意しましょう。

炎症性腸疾患

炎症性腸疾患は、胃や大腸、小腸の粘膜に炎症が起き、慢性的に下痢や嘔吐といった消化器症状が現れる病気です。

原因は明らかにされていませんが、遺伝的要因や腸内環境、腸粘膜の異常な免疫反応などが関係していると考えられています。

毛球症

毛球症は、毛づくろいで飲み込んだ毛がうまく排出されず、胃や腸の中で膨らんでしまう病気です。毛が巨大化すると、さらに排出が難しくなるため、やがて窒息や腸閉塞につながる恐れもあります。治療の際は、外科手術で除去する必要があります。

毛球症を防ぐためには、日頃のこまめなブラッシングで、毛づくろい時に飲み込む毛量を減らすことが大切です。

腫瘍(がん)

腸に腫瘍ができ、下痢や嘔吐、腹部の痛みなどの症状を引き起こすこともあります。

腸にできる腫瘍には、リンパ腫や腺癌、平滑筋腫、炎症性ポリープなど複数の種類があります。いずれも、動物病院で取り除く必要があります。

肝臓疾患

肝臓疾患が原因で、下痢や嘔吐を引き起こすこともあります。
肝臓は、胆汁の分泌や毒素の分解、タンパク質の合成など、重要な役割を担う臓器です。
肝臓の機能が低下すると、下痢や嘔吐などの消化器症状が現れます。

肝臓疾患には、急性肝炎や慢性肝炎、胆管炎、胆管肝炎などがあります。

膵外分泌不全

膵外分泌不全とは、膵臓から消化酵素が分泌されなくなり、消化や栄養吸収が難しくなる病気です。脂肪がうまく分解できなくなるため、臭いが強い白っぽい下痢をするようになります。

また、栄養が吸収されないため、食欲が旺盛であるにもかかわらず痩せ続ける、毛並みが悪くなる、などの症状も現れます。

猫の下痢の対処法は?病院に行く目安はある?

ケージの中の猫


猫が下痢をしてしまったら、便や猫の様子をよく観察し、以下の項目について記録しておきましょう。

  • 下痢の状態(柔らかさや色など)
  • 下痢の回数
  • いつから下痢をしているか
  • 血や異物が混ざっていないか
  • 下痢以外に異変が見られるか

可能であれば便をとっておくのがおすすめです。獣医師が実際の便の状態を確認できるため、より正確に原因や病気を診断できる可能性が高まります。その際は、密封した清潔な袋に入れ、なるべく早く持っていきましょう。難しい場合は、写真を撮っておくとよいでしょう。

猫が下痢をした場合は、基本的には動物病院を受診するのがおすすめです。原因がわかれば、次からその原因を取り除けます。

しかし、その後下痢が落ち着き、ほかの症状も見られず元気な場合は、自宅で様子を見てもよいかもしれません。

一方、下痢が何日も続き、ほかにも症状が見られる場合は、なるべく早く獣医師に相談しましょう。

猫が下痢をしているときに注意したい他の症状

トイレに入る猫


以下の症状が見られる場合は、すぐに動物病院を受診してください。

  • 長期間下痢が治らない
  • 脱水症状を起こしている
  • 元気がなくぐったりしている
  • 食事や水をとろうとしない
  • 嘔吐をしている
  • 激しい水様便や粘液便が見られる
  • 血便・黒色便が出ている

下痢や嘔吐をすると、大量の水分と電解質が体内から排出されます。下痢や嘔吐が続くと、脱水症状を引き起こしてしまうため注意が必要です。下痢による体調不良で水が飲めなくなり、脱水症状が加速してしまう場合もあります。

下痢の状態も重要です。一口に下痢といっても、「いつもより少し柔らかい程度」「ほとんど水のような便」「粘液や血が混ざっている」など、さまざまな状態があります。

特に、以下の下痢には注意が必要です。


下痢の種類 特徴 理由
水様便 水のように緩い便のこと 下痢の状態が深刻であり、大量の水分が出てしまっていることがわかる
粘液便 ベタベタしたゼリー状の白い粘液が混ざった便のこと 大腸に異常があると考えられる
血便・黒色便 血が混ざった赤黒い便のこと 赤い血であれば大腸、黒い血であれば胃や小腸に異常があると考えられる

愛猫のもしもに備えて保険に加入しましょう

なでられる猫


愛猫の病気やケガのリスクに備えるためには、ペット保険に加入することがおすすめです。

まとめ

猫、ノート


猫が下痢をしている場合は、さまざまな原因が考えられます。人間と同様に、体調や環境変化で一時的に下痢をしてしまうこともありますが、重大な病気が隠れている可能性もあります。下痢が何日も続いたり、下痢のほかに異常が見られたりする場合は、すぐに動物病院を受診しましょう。

愛猫の異変にすぐに気づけるよう、日頃から愛猫の様子やトイレの回数、便の状態などをチェックすることも大切です。少しでも不安がある場合は放置せず、獣医師に相談することをおすすめします。

猫の知識コラム