犬と猫のペット保険|いぬとねこの保険

お電話でのお問合せは0120-34-9766営業時間:平日10:00〜17:00 土日・祝日・年末年始を除くお電話でのお問合せは0120-34-9766営業時間:平日10:00〜17:00 土日・祝日・年末年始を除く メニュー

犬の抜け毛対策のおすすめ6選!抜け毛の原因や掃除方法を解説│犬の保険

愛犬家の皆さん、季節の変わり目には愛犬の抜け毛に頭を悩ませていませんか?
実は、犬の抜け毛はただの季節的な現象ではなく、健康状態や生活環境のバロメーターとしても重要なサインなんです。
この記事では、抜け毛の原因と対策、そして愛犬の健康を守るためのポイントをご紹介します。ふわふわの愛犬との快適な生活のために、一緒に抜け毛対策を学びましょう!

犬

犬の抜け毛が多い理由は?

犬


早速、犬の抜け毛が多い理由について解説します。抜け毛の理由によっては愛犬が問題を抱えていることもあるので、要チェックするようにしてくださいね。

換毛期だから

犬は年に2回、春と秋に換毛期を迎えます。この期間は、気温の変化に適応するために自然に毛が生え変わる時期で、通常は10日から20日ほど続きます。特にダブルコートの犬種では顕著ですが、室内飼いの犬は季節の変わり目を感じにくいため、換毛が少ないこともあります。

栄養不足によるもの

適切な栄養が不足していると、犬の被毛の健康に悪影響を与える可能性があります。被毛の主成分であるケラチンを生成するためには、アミノ酸、亜鉛、ビタミンなどが重要です。これらが欠乏すると毛の質が落ち、抜けやすくなります。

病気による脱毛

皮膚疾患、アレルギー、寄生虫感染などが原因で抜け毛が起こることがあります。これらは通常、湿疹やフケ、赤みなど他の症状を伴います。愛犬にこれらの症状が見られる場合は、早めに獣医師の診察を受けることが重要です。

ストレス

犬はストレスを感じると、自分の体をなめたり毛をむしったりすることで飼い主に訴えます。特にストレスが原因の場合、特定の部位だけに抜け毛が集中することがあります。愛犬のストレスを減らすために、飼育環境の改善や日常生活のルーティンを整えることが効果的です。

老化の影響

犬も人間と同じように年齢とともに毛の質が変わり、抜け毛が増えます。特に老犬では、毛のサイクルが乱れることにより、換毛期以外でも抜け毛が増加することがあります。老化による変化は避けられないプロセスであり、特に健康上の問題がない限り、自然な現象と受け止めることが重要です。

犬の抜け毛を放置するリスク

犬


犬の抜け毛を放置してしまうと、さまざまなリスクが発生します。ここからは犬の抜け毛を放置すると起こってしまうリスクについて紹介します。

飼い主への健康被害

犬の抜け毛を放置すると、飼い主の健康に悪影響を及ぼす可能性があります。主な理由は、アレルギー反応の引き起こしや、呼吸器系の問題です。抜け毛やフケはアレルギー症状の原因となり、喘息など呼吸器系の既存の問題を悪化させることも。また、抜け毛はダニやホコリを増やし、室内環境の衛生面にも影響を与えます。清潔で健康的な生活空間を保つため、定期的な清掃と被毛のケアが重要です。

愛犬・ペットへの健康被害

犬の抜け毛を放置すると、愛犬自身の健康にも害を及ぼす可能性があります。抜け毛が多くなると、犬の皮膚が十分に呼吸できず、湿疹や皮膚病の原因になることがあります。また、放置された抜け毛は、ダニやノミのような寄生虫の温床になり得ます。これらの寄生虫は犬の皮膚や健康に悪影響を与え、不快感やアレルギー反応を引き起こしかねません。さらに、散乱した抜け毛は、犬が誤って飲み込むことにより消化器官の問題を引き起こすリスクもあります。従って、定期的なブラッシングや清掃を行い、犬の抜け毛を適切に管理することが、愛犬の健康を守るために非常に重要です。

効果的な犬の抜け毛対策6選

犬


では実際に、どのような抜け毛対策をするのがいいのでしょうか?
ここからは、効果的な犬の抜け毛対策を6つご紹介します。

1,ブラッシング

ブラッシングは犬の抜け毛対策に最も基本的かつ効果的な方法です。短毛種や長毛種に合わせたブラシの選定が重要で、定期的なブラッシングにより、余分な毛を取り除きながら皮膚の健康を保ちます。また、この時に犬の肌の状態を観察し、早期に皮膚トラブルを発見することができます。愛犬にとっても快適なブラッシング体験を提供することで、日々のケアがよりスムーズになります。

2,シャンプー

定期的なシャンプーは抜け毛の除去に加え、毛穴の汚れを清潔に保つために不可欠です。シャンプーによって毛穴の詰まりを防ぎ、健康な被毛を維持します。シャンプー後は、肌トラブルを防ぐために水分をしっかり拭き取ることが大切です。また、適切な頻度でのシャンプーは、愛犬の皮膚の乾燥や刺激を防ぎ、快適な肌状態を保つためにも重要です。

3,コロコロクリーナー

コロコロクリーナーは、犬の抜け毛を迅速に取り除くのに役立つ便利アイテムです。特に忙しい時やブラッシングを行う時間が取れない場合、コロコロクリーナーを使って犬の体表の抜け毛を簡単に取り除けます。これは軽いマッサージとしても機能するので、愛犬も喜んでくれるでしょう。ただし、コロコロクリーナーの粘着部分が犬の肌に直接触れないよう注意し、肌が敏感な犬には低刺激のものを使用することが大切です。コロコロクリーナーは抜け毛の一時的な対処法として有効ですが、定期的なブラッシングやシャンプーによる徹底的なケアを併用するようにしてくださいね。

4,ドッグフードの見直し

犬の抜け毛対策において栄養バランスのとれた食事は非常に重要です。特に皮膚や被毛に良い影響を与える栄養素を含む、高品質なドッグフードを選んであげるようにしましょう。適切なタンパク質、ビタミン、ミネラルの摂取は、抜け毛の減少とともに被毛の健康を促進します。バランスの良い食事は、内側からの健康を支え、結果として抜け毛を減らしてくれますよ。

5,トリミング

長毛種犬やダブルコートの被毛を持つ犬におけるトリミングは、抜け毛の管理を容易にし、日常のケアを効率化します。短く整えられた被毛は、ブラッシングやシャンプーがしやすくなり、抜け毛の掃除も簡単になります。しかし、毛が短くなることで紫外線のダメージや寄生虫のリスクが増すため、適切な保護対策が必要です。トリミングは、美観だけでなく愛犬の健康管理にも寄与する重要なケア方法です。

6,防寒対策

犬に服を着せることも、抜け毛管理に有効な手段の一つです。
服を着せることによって、抜け毛が直接家の中に散らばるのを防ぎ、掃除の手間を軽減できます。特に室内で過ごす時間が長い犬や、抜け毛が多い犬種には効果的です。また、服は犬の体を保護する役割も担います。寒い時期には防寒効果があり、夏には日焼けや紫外線から肌を守れます。しかし、服の素材や着せ方には注意が必要です。犬の体調や季節に応じて通気性の良い素材を選び、長時間同じ服を着せ続けることがないように定期的に着替えさせるようにしてください。犬に服を着せることで、ノミやダニからの保護にも一定の効果がありますが、完全な予防にはならないので、定期的な寄生虫予防が必要ですよ。

犬の抜け毛を掃除するコツ

犬


しっかりケアをしていても犬の抜け毛はどうしても散らかってしまいますよね。
最後に犬の抜け毛を掃除するコツについてご紹介します。

掃除は上から下に、真ん中から外に向けて行う150

効果的な抜け毛掃除のためには、掃除の順序が重要です。まずは高い場所から始めて、徐々に低い場所へと進むことで、抜け毛が落ちていくのに合わせて掃除を進められます。棚やテーブルなどの高い場所を先に拭き、次にソファーや床などを掃除すると効率的です。加えて、部屋の中心から外側に向かって掃除することで、抜け毛が部屋の隅に集まりやすくなり、収集が楽になります。

ハンディモップやコロコロで先に毛を取る

軽くて細い犬の毛は、掃除機から出る排気で舞い上がりやすいため、最初にハンディモップやコロコロ、フローリングワイパーなどを使用して手早く取り除くことがおすすめです。この方法であらかたの毛を取り除いた後、最後に掃除機で残りの毛を吸い取ると効果的です。

便利グッズを活用する

犬の抜け毛を掃除する際には便利グッズを使うのもおすすめです。
たわしやゴム手袋などのグッズは、カーペットや家具に絡みついた毛を簡単に取り除けるため、従来の掃除方法よりも時間と労力を大幅に節約できます。また、コロコロクリーナーやハンディモップは、毛が舞い上がらずにすばやく清掃できるため、家全体の清潔さを保ちやすくなりますよ。

愛犬のもしもに備えるならペット保険も検討を

ペット保険


愛犬の病気やケガは、予兆なくいきなりやってくることもあります。突然の手術で高額な医療費がかかる場合もあるでしょう。
愛犬と1日でも長く過ごすために、もしもの時に備えてペット保険に入ることをおすすめします。高額になりがちなペットの診療費に備えることで、いざという時に十分な治療を受けさせることができます。

まとめ

犬


今回は犬の抜け毛とその対策方法について解説しました。愛犬と快適に過ごすためにも、抜け毛対策はしっかり行ってあげましょう。
また愛犬と少しでも長く暮らすためには、常日頃健康に気を遣ってあげる必要があります。 そんな時にペット保険に加入していれば、もしもの時に安心して治療ができます。ペット保険にはさまざまなプランがあり、どれも補償内容が異なるので、愛犬がかかりやすい病気を理解し、必要性に応じたペット保険を選べるようにしましょう。