犬と猫のペット保険|いぬとねこの保険

お電話でのお問合せは0120-34-9766営業時間:平日10:00〜17:00 土日・祝日・年末年始を除くお電話でのお問合せは0120-34-9766営業時間:平日10:00〜17:00 土日・祝日・年末年始を除く メニュー

猫を飼って後悔する理由は?「飼わなきゃよかった」と思わないための対策│猫の保険

コロナ禍で家にいる時間が必然的に増えた関係で、ペットを飼う人は年々増加しています。
ペットと一緒に暮らすことで、新しい喜びや幸せを感じる方も多いでしょう。
しかし、愛猫と過ごすライフスタイルに幸せを感じる人も多い一方で、猫を飼って後悔する人もいます。猫がいる関係で、自由に使える時間が減ったりお金がかかってしまったりするからです。そこで今回は、猫を飼って後悔しないために知るべきことを紹介します。
猫を飼ってできなくなることもお伝えするので、これから猫を飼おうか検討している方は、ぜひ最後までお読みください。

猫

猫を飼って後悔する理由12選

猫


早速、猫を飼って後悔する理由を12つご紹介します。実際に飼って後悔しないためにも、自分に置き換えて考えてみてくださいね。

1,猫中心の生活になる

猫を飼うと、その世話や習性に合わせた生活が必要になります。朝早く起こされる、食事の要求、適切な温度調整、おもちゃやアクセサリーの用意など、猫中心に生活様式を変える必要が生まれます。これにより、飼い主の自由な時間やプライバシーが制限されてしまい、後悔する飼い主もいます。

2,病気の治療が大変

猫も病気になる可能性がありますが、病気の種類や重症度によっては治療が長期化し、高額な医療費がかかることがあります。特に慢性的な疾患や手術が必要なケースでは、治療のための時間的、経済的負担が大きくなり、飼い主にとって大きなストレスとなることがあります。

3,トイレが臭い

猫の排泄物は、特有に強い臭いを放ちます。特に狭い部屋の場合、臭いが部屋中に充満し、長期間にわたって残ることもあります。臭い対策として消臭トイレの使用なども挙げられますが、完全に臭いを消すことは難しいでしょう。

4,トイレ掃除が大変

猫は1日に数回トイレを利用するため、トイレ掃除は頻繁に行う必要があります。猫は綺麗好きな動物なので、トイレが汚れていると使わないことも多いので、毎日の掃除は欠かせません。しかし、忙しい中でも毎日掃除しなければいけないので、飼い主にとっては負担になることがあります。

5,鳴き声がうるさい

猫の鳴き声によって悩まされる飼い主も多くいます。特にメスの発情期がくると非常に大きい声で鳴きだします。長時間における大きな鳴き声は、飼い主にとって精神的なストレスの原因となることがあります。夜間や静かな環境だとよりうるさく感じるため、十分な睡眠が取れなくなることもありますよ。

6,部屋が汚れる・散らかる

猫は好奇心旺盛で、遊び好きな個体が多い動物です。そのため、家中を歩き回り、物を動かしたり散らかしたりすることがあります。また食べたものを吐く「吐き戻し」や爪研ぎに夜家具の傷も部屋が汚れたり散らかる要因です。これらの行動によって、猫を飼ったことを後悔している飼い主も少なくありません。

7,大事なものが壊される

猫は運動不足やストレスが原因で、家の中の物を壊したり傷つけたりすることがあります。
特に「噛む」「引っ掻く」といった行動は、家具や大切なものにダメージを与える可能性があります。猫と一緒に暮らす場合には、大事にしているものは手の届かないところにしまっておく必要がありますよ。

8,部屋が狭くなる

猫の飼育にはトイレやケージ、おもちゃなどさまざまなアイテムが必要になるので、部屋のスペースが狭くなります。そのため、住空間が狭くなるので、飼い主の生活スペースが制限され、ストレスに感じてしまうケースもあります。特にもともとの部屋が狭い場合は、顕著に感じてしまうでしょう。

9,旅行が難しくなる

猫を飼うと、長期間家を空けることはできなくなります。旅行に行く際は、事前にペットホテルを見つけたり一緒に泊まれる宿を探す必要があります。猫によっては、環境が変わるとストレスで体調を崩してしまう場合もあるので、気軽に長時間出かけることは難しくなります。

10,お金がかかる

猫の飼育には食事、トイレ用品、医療費などさまざまな経費がかかります。これに加えて、予防接種や病気の治療費も発生するため、総合的な飼育費用は予想以上に高額になることがあります。特に高品質の食事や療法食を選ぶ場合、費用はさらに増加します。

11,家具や小物が動かされる

猫は活動的で好奇心旺盛な動物であり、家の中で物を動かしたり、壁紙や柱で爪を研いだりすることがあります。これにより、家具の損傷や散らかった部屋が問題となることがあります。特に爪とぎによる傷は、飼い主にとって大きな悩みの一つです。

12,ペットロスになる

猫と長い時間を共に過ごすと深い絆が生まれますが、その分、猫との死別は深い悲しみをもたらします。ペットロスは飼い主に深刻な心的トラウマを与えることがあり、その喪失感で日常生活がままならなくなるリスクもあります。

猫を飼わない方がいい人の特徴

猫


猫を飼うのに向いていない人にはいくつかの特徴があります。
家を常に清潔に保ちたい人は、猫の抜け毛や吐き戻し、爪研ぎによる傷によってストレスを感じる可能性が高いです。また、出張や旅行が多い人は猫の世話が難しく、猫にストレスを与えることもあります。さらに生涯の面倒を見る自信がない人、特に猫の長期間の飼育費用や高齢期のケアを考慮する必要があるため、猫を飼うのは避けた方が良いでしょう。アレルギーがある人は、猫の毛やフケによるアレルギー反応で日常生活に支障をきたすおそれがあります。さらに、猫の自由気ままな性格を受け入れられない人にとっても、猫との共生はストレスの原因になり得ます。

猫を飼って後悔しないための準備

猫


ここからは、猫を飼って後悔しないために準備しておくべきことを紹介します。
猫をこれから飼う方は、しっかりと考えるようにしてくださいね。

飼育費用と予算を把握する

1万円から2万円が目安です。しかし、突発的な病気や怪我で獣医さんを訪れることも考えられます。これらの費用に加えて、日常の生活費に影響がないかを検討しましょう。また、特別な食事やトリミング、おもちゃなどの費用も考慮して、長期的な家計計画を立ててください。

部屋の間取り・広さを知っておく

猫は活動的な生き物なので、運動や探索に十分なスペースが必要です。猫用トイレやベッド、キャットタワーなどを設置するためのスペースを確保することが大切です。また、猫のトイレを食卓や寝室から離すなど、衛生面と人間の生活スペースの配慮も重要です。猫は高い場所が好きなので、棚や家具の配置にも注意して、安全な環境を整えましょう。

部屋を片付けておく

猫の安全と家の清潔を保つためには、部屋の整理整頓が欠かせません。猫は好奇心が強いため、小物をいじったり噛んだりすることがあります。電気コードや小さな物品、猫に有害な植物などを猫の手の届かない場所に移動しましょう。また、猫が爪を研ぐための専用の爪とぎや、遊ぶためのおもちゃを用意することで、家具へのダメージを防げます。

猫の特徴や習性を理解する

猫の習性や行動パターンを知ることは、猫との共生において非常に重要です。猫は独立心が強く、自分の時間を大切にしますが、甘えたい時には人間のそばを求めることもあります。また、猫は早い時期から生殖能力を持つため、避妊や去勢手術のタイミングを見極めることが重要です。これらの理解を深めることで、猫との関係をより良好に保てますよ。

便利グッズを用意する

猫との生活を便利にするためには、さまざまなグッズを活用しましょう。例えば、消臭力の高い猫用トイレや自動で清掃するトイレは、日常の手間を大きく軽減します。また、キャットタワーやおもちゃ、快適な寝床などは、猫の遊びや安心感を提供するために役立ちます。これらのグッズを活用することで、猫も飼い主も快適な生活を送ることができますよ。

ペット保険に加入する

猫との生活を始める前に、ペット保険の加入を真剣に検討することがおすすめです。
ペット保険は、病気や怪我による治療費の一部をカバーし、予期せぬ高額な医療費に対する安心材料になります。人間用の健康保険とは異なり、ペットの医療費は全額自己負担となるため、保険は飼い主にとって大きな支援となるのです。特に猫は高齢になると慢性疾患のリスクが高まるため、長期的な医療費に備えることは重要です。また、若い猫でも事故や突発的な病気により急な治療が必要になることがあります。保険プランはさまざまなので、自分の猫と生活スタイルに合った適切なものを選び、猫の一生を通じて安心できる環境を整えましょう。ペット保険は、猫との長い付き合いにおいて、心理的な安心感をもたらすとともに、経済的な負担を軽減するための賢い選択です。

ペット保険なら日本ペット少額短期保険

猫


猫を飼うと決めた際には、愛猫の健康を守るためにペット保険を検討するのがおすすめです。愛猫の病気やケガは、予兆なくいきなりやってくることもあります。突然の手術で高額な医療費がかかる場合もあるでしょう。
愛猫と1日でも長く過ごすために、もしもの時に備えてペット保険に入ることをおすすめします。高額になりがちなペットの診療費に備えることで、いざという時に十分な治療を受けさせることができます。

日本ペット少額短期保険のメリット

猫


日本ペット少額短期保険は、ペットを飼う方にとって大変役立つ保険です。
この保険のいいところは、お手頃な価格でペットの医療費の心配を減らせることです。例えば、ペットが病気になったり怪我をしたりした時、治療費が高くなることがよくありますよね。日本ペット少額保険に入っていれば、そういった時の出費がずいぶん楽になります。
さらに、色々なプランがあるので、ペットの種類や年齢、飼い主さんの生活スタイルに合わせて最適なものを選べます。短い期間だけの契約もできるので、ペットの状況に合わせて調整できるのも便利です。ペットと長く幸せに暮らすために、日本ペット少額短期保険は非常に有効な手段といえますよ。

まとめ

猫


今回は猫を飼って後悔しないために考えることについて紹介しました。
猫を飼う際は、命を預かる責任を持って飼えると判断したら受け入れるようにしましょう。
愛猫と少しでも長く暮らすためには、常日頃健康に気を遣ってあげる必要があります。
そんな時にペット保険に加入していれば、もしもの時に安心して治療ができます。ペット保険にはさまざまなプランがあり、どれも補償内容が異なるので、愛猫がかかりやすい病気を理解し、必要性に応じたペット保険を選べるようにしましょう。

猫の知識コラム