犬と猫のペット保険|いぬとねこの保険

お電話でのお問合せは0120-34-9766営業時間:平日10:00〜17:00 土日・祝日・年末年始を除くお電話でのお問合せは0120-34-9766営業時間:平日10:00〜17:00 土日・祝日・年末年始を除く メニュー

犬の癌とは?原因や症状、予防方法を紹介

犬の平均寿命は年々長くなり、現在は14.65歳となっています。
参照:https://petfood.or.jp/topics/img/211223.pdf

しかし、寿命が長くなるほど病気にかかるリスクも高くなり、現在犬の死因トップは癌となっています。
今回は、犬の癌の原因や症状、予防方法について解説します。
事前に内容を知っておくことで早期発見につながるので、愛犬の健康を守るためにも、ぜひ最後までお読みください。

犬

犬の癌とは

犬


犬の癌は、遺伝子異常を持つがん細胞が細胞分裂により増殖することで発生する病気です。
癌の原因になるのは腫瘍ですが、腫瘍には良性腫瘍と悪性腫瘍の2種類があります。
この2つにはそれぞれ特徴があり、成長スピードや浸潤性、転移性などが異なります。

良性腫瘍には、以下のような特徴があります。

  • 成長が緩やか
  • 周囲の組織に侵入・転移をしない
  • 周囲の組織を圧迫して押しのけるように大きくなる

良性腫瘍が発覚した場合は、手術で完全に取り除くことができれば、再発をする可能性は低いです。しかし、良性腫瘍のできる場所によっては、悪性の症状が見られることもあります。

悪性腫瘍には以下のような特徴があります。

  • 早い成長
  • 転移性
  • 浸潤性

良性と比べて成長が早く、周囲の健康な組織に侵入し、浸潤する特徴があります。
腫瘍が増殖するにつれて、周囲の組織が圧迫されたり壊されたりすることがあります。
悪性腫瘍が体内で増殖することで、正常な細胞に栄養や酸素が供給されにくくなり、腫瘍そのものの健康被害のほかにも悪影響が出ることも多いです。
悪性腫瘍は、一般的に予後が良くありません。治療が難しいため、早期の診断と適切な治療を受けることが重要です。

犬が癌でなくなる確率

犬が癌になる割合は年々増加傾向にあり、今日では約2分の1の犬が癌で亡くなっています。
年を重ねるごとに癌になる割合は増加し、7歳では10.1%、10歳では6頭のうち1頭にあたる17.5%が発症しています。
犬種別の発症率としては、「ゴールデンレトリバー」「パグ」「ラブラドール・レトリバー」「ミニチュア・シュナウザー」が多く、これらの犬種は特に注意が必要です。
参照:https://www.anicom-page.com/hakusho/statistics/pdf/20110927.pdf

犬が癌になったときの余命は?

犬が癌になった際の余命は、治療をしているかしていないかで異なります。
無治療の場合の平均生存期間は60日〜100日間(約1〜3ヶ月間)で、抗がん剤投与による1年の生存率は30%、2年程度であれば10%になります。
早期発見・治療が余命の長さにつながるため、愛犬の異変に気づいた際には早めの受診が必要です。

犬が癌になる原因

犬


犬が癌になってしまう原因には、大きく以下の5つの原因があります。

  • 食べ物
  • 運動不足
  • ストレス
  • 食事の量
  • 遺伝

犬が癌になる原因として、日々の食べ物の内容や品質、食事の量も大きく影響します。
加工食品や栄養の偏り、または食べ過ぎなどがリスクの要因です。
また運動不足の場合、肥満や代謝異常を起こしてしまうため、癌の発症リスクを高めます。
日頃から適度な運動をさせることが大切ですが、肥満体型の犬に激しい運動をさせてしまうと、ケガの原因になってしまいます。
愛犬に合った運動を取り入れることが大切です。
さらにストレスを抱えることも癌の発症に繋がります。
ストレスは免疫機能を低下させ、炎症を引き起こすので癌のリスクが高くなります。
コミュニケーション不足などからストレスを抱えてしまう犬も多いので、何が原因でストレスをためているのかをチェックするようにしてください。
犬の癌の発症には、遺伝性の要因も関係します。癌を発症しやすい犬種を事前に知っておくことが大切です。愛犬が癌になりやすい犬種だった場合、こまめに動物病院に検診に行くようにしてください。
それぞれ詳しくみていきましょう。

食べ物

一般的なペットフードは炭水化物が多く含まれている「単糖類」となり、ガン細胞の栄養になりやすい傾向にあります。
愛犬が癌にならないためには、添加物や原材料などに化学物質が使われていない食事をさせてあげるようにしましょう。
栄養バランスがしっかりしていて、有害な物質を含まない食事を意識してください。
低糖質で高タンパク質な食事がおすすめです。

運動不足

癌になる原因の一つに、運動不足からくる肥満も挙げられます。
慢性的な肥満状態になってしまうと、内臓を支える筋肉の衰えが増えてしまい、癌を発症してしまう犬種も少なくありません。
食事の前に毎日の散歩と運動を習慣づけ、運動不足にならないように心がけましょう。

ストレス

ストレスを抱えてしまうことも、癌になってしまう原因の一つです。
愛犬がストレスを感じている際には、自分のしっぽをひたすら追いかけたり噛んだりすることがあります。
また脱毛してしまったりやたらと体を舐めたりといったサインがあることも。
いつもと違う行動が見られた場合は、愛犬のストレスの原因を突き止めて改善してあげるようにしてください。

食事の量

食事を食べ過ぎてしまうと肥満になってしまい、癌の発症リスクが高まります。
そのため、どんなに食欲旺盛だとしても愛犬に合った量のフードをあげるようにしてください。
体重や年齢によって適切な量のフードは決まっています。
おやつのあげすぎにも注意して、食事量が不安な場合は獣医師に相談するのもおすすめです。

遺伝

犬が遺伝で癌になる可能性がある理由は、遺伝子の変異や遺伝的傾向によるものです。
特定の品種や家系において、癌の発症リスクが高いとされる場合があります。
これは、遺伝子に関連する疾患やがんの傾向が特定の犬種や家系によって遺伝される可能性があるためです。
​​犬が遺伝で癌になるリスクを最小限に抑えるためには、適切な遺伝子検査や遺伝カウンセリングを行い、定期的な健康診断を受けることが重要です。

愛犬の皮膚にしこりがある?癌の特徴的な症状9選

犬


犬の癌は初期の段階ではわからないことが多く、症状もほとんど見られません。
発生する症状も部位もさまざまなので、注意深く観察する必要があります。
しこりやイボを発見したら、腫瘍の可能性があります。
愛犬の身体を触ってみて少しでも違和感を感じるものがあったら、早めに動物病院に連れて行くのがおすすめです。

そのほかの代表的な症状は、以下の8つです。

  • 元気、食欲、体重減少
  • 呼吸困難、咳
  • 鼻血、鼻詰まり、くしゃみ、いびき、鳴き声の変化
  • 嘔吐、下痢、便秘
  • 体や足の痛み、ふらつき、麻痺
  • けいれん発作
  • 腹囲膨満
  • 多飲多尿

それぞれの症状を見ていきましょう。

・元気、食欲、体重減少
癌に限らず、他の疾患でも多いですが、元気がなくなったり体重が突然減ってしまったりした場合は身体に何かしらの異変が起きていることが多いです。
癌の可能性もあるので、獣医師にみてもらいましょう。

・呼吸困難、咳
犬が癌になると、癌が肺や気管、またはその周辺の組織に影響を与えることがあり、呼吸困難や咳が起こる可能性があります。これは、肺への浸潤や気管や気管支の圧迫、炎症、気胸などが原因となります。犬がこれらの症状を示す場合は、迅速に獣医師に連絡し、適切な検査や治療を受けることが必要です。

・鼻血、鼻詰まり、くしゃみ、いびき、鳴き声の変化
犬が癌になると、鼻腔や鼻の近くの組織に影響を与えることがあり、その結果として鼻血、鼻詰まり、くしゃみ、いびき、鳴き声の変化が生じる可能性があります。癌が鼻道や周囲の組織を圧迫したり、浸潤したりすることでこれらの症状が引き起こされます。 症状が進んでいるおそれがあるので、早めの受診を推奨します。

・嘔吐、下痢、便秘
犬が癌になると、消化器系に影響を及ぼすことがあり、嘔吐、下痢、便秘が起こる可能性があります。癌が消化器系の組織に影響を与えることで消化機能が乱れ、腸管の閉塞や炎症が引き起こされることが考えられます。また、一部の腫瘍は毒性物質を放出し、これが嘔吐や下痢の原因となることもあります。

・体や足の痛み、ふらつき、麻痺
犬が癌になると、体や足に痛みや不快感が生じる可能性があります。これは、癌が神経や血管を圧迫したり、骨や脊髄に転移したりすることで起こる場合があります。また、癌が神経に侵入したり、身体の他の部位に広がったりすると、ふらつきや麻痺の症状が現れることがあります。

・けいれん発作
犬が癌になると、けいれん発作が起こる理由は、主に脳腫瘍や脳転移による神経組織への圧迫や機能の妨害、脳や中枢神経系への直接的な癌の影響、そして癌が中枢神経系に損傷や不均衡を引き起こすことにあります。これらの理由により、癌になった犬はけいれん発作が起こる可能性があります。

・腹囲膨満
犬が癌になると、お腹が膨れる理由は、主に癌が内臓や腹部組織に影響を与えるからです。具体的には、癌が腹部の臓器や組織に広がることで、お腹が膨れて見えたり、お腹に水が溜まって膨らんだりすることがあります。また、癌が腸に影響を与えて詰まりを引き起こすことも考えられます。

・多飲多尿
犬が癌になると、多飲多尿の症状が出る理由は、いくつかの要因によるものです。
まず、癌が内分泌系に影響を与え、ホルモンの分泌を変化させることで水分バランスが乱れます。また、癌が腎臓に影響を与えると、尿の濃度調節がうまくいかなくなり、尿量が増加します。さらに、癌治療による薬物やストレスも多飲多尿の原因となります。

犬の癌の初期症状・末期症状の特徴とは?

犬の癌の初期症状には、異常なしこりや腫れが現れることがあります。また、食欲不振や体重減少、呼吸困難、そして活動量の低下が見られることがあります。
癌が進行すると、腫れの増加や全身の衰弱、高熱、けいれん、そして神経への影響による麻痺やふらつきが現れることがあります。これらの症状は、犬の体力や癌の進行度によって異なりますが、末期段階で見られることが多いです。

犬の癌の種類を発生個所から紹介

犬


犬の癌は、身体中のあらゆる箇所に発生する可能性があります。
ここからは、癌が発生する箇所を8つの箇所に分けてご紹介します。

  • 皮膚の癌
  • 消化器の癌
  • 腹部の癌
  • 泌尿器の癌
  • 呼吸器の癌
  • 胸部の癌
  • 脳、神経、運動器の癌
  • 血液の癌

それぞれ詳しくみていきましょう。

・皮膚の癌
犬の皮膚がんは、皮膚やその周辺で悪性腫瘍が発生する疾患です。
一般的な種類には、皮膚表皮腫や皮膚筋腫、皮膚脂肪腫があります。
症状としては、皮膚にしこりや腫れが生じること、かさぶたや潰瘍が形成されること、皮膚の色の変化、出血、かゆみ、痛みなどが挙げられます。
診断には、細胞学的検査や生検が必要です。治療法には、手術、放射線療法、化学療法などがあります。

・消化器の癌
犬の消化器の癌は、消化器官やその周辺で発生する悪性腫瘍です。主な症状には、食欲不振、体重減少、嘔吐、下痢、便秘、腹部の腫れ、血便、元気の低下などがあります。
消化器の癌の治療法には、手術、化学療法、放射線療法、対症療法があります。手術は腫瘍を切除する方法で、腫瘍の種類や大きさに応じて行われます。化学療法は、抗がん剤を用いてがん細胞を攻撃する治療で、放射線療法は放射線を用いて腫瘍を縮小させる治療です。対症療法は、症状の軽減や管理を目的として、鎮痛剤や抗吐剤などが使用されます。

・腹部の癌
腎臓や肝臓にも癌が発生することもあり、症状には腹部の腫れやしこり、食欲不振、体重減少、嘔吐、下痢、腹部痛、元気の低下などが含まれます。治療法としては、手術による腫瘍の摘出、化学療法、放射線療法が一般的に行われます。

・泌尿器の癌
犬の泌尿器の癌は、泌尿器系の臓器や組織で生じる悪性腫瘍です。
この種の癌には、膀胱癌や尿道癌、腎臓癌などがあります。症状には、血尿、頻尿、排尿困難、尿意の増加、腫れやしこり、体重減少、食欲不振などが含まれます。診断には、尿検査、超音波検査、X線、CTスキャン、MRIなどの画像検査、および組織検査(生検)が行われます。治療法には、手術による腫瘍の摘出、放射線療法、化学療法、免疫療法があります。

・呼吸器の癌
犬の呼吸器の癌は、呼吸器系の臓器や組織で生じる悪性腫瘍の一種です。
この癌には、肺癌、気管支癌、肺膿瘍、肺腺腫などが含まれます。
症状には、咳、咳血、呼吸困難、ゼーゼー音、体重減少、食欲不振などが挙げられます。
診断には、レントゲンやCTスキャン、超音波検査、気管支鏡検査、細胞検査(細胞診や組織検査)が行われます。

・胸部の癌
胸部の癌には、肺癌、心臓腫瘍、乳腺腫瘍(乳腺癌)、胸腺腫瘍などがあります。
これらの癌は、呼吸器、循環器、乳房などの部位で発生します。
一般的な症状には、咳や咳血、呼吸困難やゼーゼー音、不規則な心拍、体重減少や食欲不振、腫れやしこり、体の不自然な動きや痛みがあります。
診断には、レントゲン検査、CTスキャン、超音波検査、血液検査、組織検査(生検)などが行われます。

・脳、神経、運動器の癌
神経系の癌には、脳腫瘍、神経腫瘍、骨腫瘍などがこれに含まれます。これらの癌は、神経系や運動器系に影響を及ぼす可能性があります。
一般的な症状には、発作やてんかんの発作、神経学的な異常や行動の変化、麻痺や失明、不規則な歩行、頭部や骨格の腫れやしこり、食欲不振や体重減少、呼吸困難や吐き気などが挙げられます。

・血液の癌
犬の血液の癌には、白血病やリンパ腫などの悪性腫瘍が含まれます。
これらの疾患は、犬の造血器系やリンパ系に影響を与えます。
典型的な症状には、体重減少、食欲不振、頻尿、多飲、腫れやしこり、血液凝固障害、呼吸困難などが挙げられます。診断には、血液検査や骨髄穿刺、リンパ節の細胞学的検査、画像検査が行われます。

犬の癌の予防方法とは

犬


ほとんどの癌は、現代医療では予防が難しく、早期発見が非常に重要になります。
そのため、定期的に健康診断を受けることはもちろん、日々のスキンシップでしこりなどがないかチェックするようにしてください。
健康診断は、年に2回〜3回行うのがおすすめです。
また肥満体型の犬は、癌になる可能性が高くなってしまいます。
栄養バランスを考えたメニューを心がけて、高タンパク低糖質なフードを与えるようにしてください。
運動不足も肥満の原因の一つです。
毎日30分〜1時間の散歩をしてあげられるように時間をつくってあげましょう。
特に太りやすい犬種の場合は運動量を増やしてください。
また避妊手術や去勢手術をすると、生殖器関連の癌にかかりにくくなることがわかっています。
ご自身と周りの家族で話し合う必要がありますが、避妊・去勢手術をすることで癌になるリスクが下がりますよ。
犬が接触する可能性のある、発がん性物質を避けることも癌の予防に役立ちます。
例えば、タバコの煙や有害な化学物質から愛犬を遠ざけることも重要です。

犬の癌の治療方法

犬


愛犬が癌になった際の治療方法について、以下の7つをご紹介します。

  • 外科療法
  • 放射線療法
  • 化学療法
  • 細胞免疫療法
  • 活性化リンパ球(CAT)療法
  • 樹状細胞(DC)療法
  • 脂肪幹細胞(ADSC)療法

それぞれ詳しく解説していきます。
・外科療法
犬の癌の外科療法は、手術によって癌組織を取り除く治療方法です。
この手術は、患部の腫瘍を切除し、周囲の健康な組織を可能な限り保持しながら行われます。
外科療法は、癌の部位、大きさ、および進行度に応じて異なる方法で行われます。主な目的は、腫瘍の完全な除去と、その後の再発の防止です。

外科療法は、他の治療法(放射線療法や化学療法など)と併用されることもあります。

・放射線療法
犬の癌の放射線療法は、高エネルギーの放射線を使用して腫瘍細胞を破壊する治療方法です。この治療法では、X線やガンマ線などの放射線が腫瘍に照射され、腫瘍細胞のDNAを損傷させ、増殖を阻害します。これにより、腫瘍の成長が抑制され、腫瘍が小さくなるか、完全に除去されることが期待されます。
放射線療法は、手術が困難な場合や手術後の腫瘍の再発を防ぐために行われることがあります。また、転移性の癌や症状の軽減のためにも使用されます。

・化学療法
犬の癌の化学療法は、抗癌薬を用いて腫瘍細胞を攻撃し、成長を妨げる治療法です。
この治療法は、手術や放射線療法と併用されることがあります。
抗癌薬は通常、一定の周期で投与され、数週間から数か月にわたって続けられます。
副作用には、食欲不振、嘔吐、下痢、脱毛、免疫機能の低下などがありますが、これらは獣医師によって管理されます。

・細胞免疫療法
犬の癌の細胞免疫療法は、犬の免疫システムを活性化して腫瘍細胞を攻撃する治療法です。キャンサーワクチン、T細胞療法、抗体療法などがあり、これらは他の治療法と組み合わせて使用されることがあります。治療の適応は犬の状態によって異なり、再発や他の治療法が効果的でない場合に検討されます。

・活性化リンパ球(CAT)療法
犬の癌の活性化リンパ球療法(CAT療法)は、犬の自然免疫システムを活性化し、腫瘍細胞を攻撃する治療法です。リンパ球が体外で活性化され、再び犬の体内に戻されることで、癌細胞を認識し破壊する能力が向上します。CAT療法は他の治療法と併用されることがあり、犬の個々の状態や癌の種類に応じて使用されます。この治療法は、免疫系を活性化して癌と戦う革新的なアプローチです。

・樹状細胞(DC)療法
犬の癌の樹状細胞(DC)療法は、免疫細胞である樹状細胞を利用して、犬の自然免疫システムを活性化し、癌細胞を攻撃する治療法です。 この治療法は、癌の増殖や転移を抑制し、腫瘍の縮小や症状の改善をもたらすことが期待されます。

・脂肪幹細胞(ADSC)療法
犬の癌の脂肪幹細胞(ADSC)療法は、犬の脂肪組織から採取された脂肪幹細胞を使用して癌を治療する方法です。ADSC療法では、脂肪組織から採取された幹細胞が分離・増殖され、その後腫瘍部位に注入されます。これらの幹細胞は、損傷した組織を修復し、免疫系を調整する能力を持っているとされています。そのため、ADSC療法は、腫瘍の増殖を抑制したり、周囲の組織の再生を促進したりする可能性があります。

愛犬のもしもに備えて保険も検討を

犬


犬の癌は、早期発見・治療が非常に大切な緊急度の高い疾患です。
また愛犬の病気やケガは、予兆なくいきなりやってくることもあります。突然の手術で高額な医療費がかかる場合もあるでしょう。

まとめ

犬


今回は、犬の癌の症状や原因、治療法について解説しました。
癌は、命の危険に関わる重い疾患です。そのため、発覚した際には長期の治療が必要になります。
また「もしも」のときにペット保険に加入していれば、もしもの時に安心して治療ができます。ペット保険にはさまざまなプランがあり、どれも補償内容が異なるので、愛犬がかかりやすい病気を理解し、必要性に応じたペット保険を選べるようにしましょう。