ペット保険|いぬとねこの保険

イタリアン・グレーハウンドの保険 | 特徴や性格、かかりやすい病気や飼い方を解説!

イタリアン・グレーハウンドは、細く引き締まった体と美しい被毛、温厚な性格から、ペットとして高い人気を誇る犬種です。初心者にも飼いやすい一方、寒さに弱かったり怪我をしやすかったりなど、飼育するうえで注意すべきポイントが多く存在します。

この記事では、イタリアン・グレーハウンドの特徴や性格、かかりやすい病気や飼い方などを詳しく解説します。おすすめのペット保険もご紹介しているため、イタリアン・グレーハウンドの飼育を検討している方はぜひご覧ください。

イタリアン・グレーハウンド

イタリアン・グレーハウンドの特徴や性格

イタリアン・グレーハウンド、洋服


イタリアン・グレーハウンドは、日本では「イタグレ」の愛称で親しまれている人気の犬種です。優雅さを感じるすらっとしたスレンダーな体型と、愛くるしい表情で、多くの方を虜にしています。飼育もしやすく、はじめて犬を飼う方にもおすすめです。

以下では、イタリアン・グレーハウンドの飼いやすさや性格、体の特徴やかかりやすい病気などについて解説します。

①飼いやすさ

イタリアン・グレーハウンドは、次でご紹介するように温厚な性格で、しつけも難しくありません。飼い主や家族に攻撃することは少なく、無駄吠えもあまりしないため、飼いやすい犬種といえます。毛が抜けにくく、お手入れの負担も少ないという点からも、初めて犬を飼う方におすすめです。

②性格

イタリアン・グレーハウンドは、温厚で繊細な性格の持ち主です。穏やかで飼い主に従順、甘えん坊な姿も見せるかわいらしい性格が魅力です。多頭飼いや、子どもがいる家庭にも適しています。

人見知りをする繊細な一面も持っており、知らない人にはあまり近づきません。ほかの犬や人に慣れる練習が必要です。

③体格・サイズ

イタリアン・グレーハウンドは、スレンダーで筋肉質な体つきが特徴です。心肺機能が発達しており、胸の部分がしっかりと盛り上がっています。凛としたかっこいい体格は、イタリアン・グレーハウンドならではの魅力です。

体のサイズは以下のとおりです。

  • 体高:約32~38cm
  • 体重:約3〜5kg

④毛色

イタリアン・グレーハウンドの毛色には、さまざまな種類があります。代表的なのが、グレグレー・ブルー・フォーン・レッド・クリーム・ブラック・ホワイトです。単色のみではなく、胸に白い柄が入った個体も存在します。

被毛は短毛のシングルコートで、光沢があるのが特徴です。

⑤かかりやすい病気

イタリアン・グレーハウンドは、以下のような病気にかかりやすいとされています。

  • 脱毛症(パターン脱毛症、CDA脱毛症)
  • 骨折
  • 網膜剥離
  • 白内障・緑内障

イタリアン・グレーハウンドは、遺伝疾患として脱毛症にかかりやすい犬種です。パターン脱毛症では、四肢の付け根や耳介部などに、繰り返し脱毛が起こります。CDA脱毛症は、ブルーの被毛部分が正常に育たない、遺伝性の疾患です。イタリアン・グレーハウンドやドーベルマンに多く見られ、被毛が淡い個体ほど発症する可能性が高いとされています。

また、四肢の骨が細いため、骨折に注意が必要です。転倒や落下で容易に骨折してしまうリスクがあります。筋肉や皮下脂肪が薄いため、骨折すると癒合不全を起こしやすいです。

網膜剥離は、網膜がはがれ、視力が低下してしまう疾患です。イタリアン・グレーハウンは、眼球の硝子体に変性を起こしやすく、網膜剥離を起こしやすい犬種とされています。

白内障・緑内障にも注意が必要です。白内障は、遺伝や外傷などさまざまな要因で水晶体が濁り、視力が低下する病気です。網膜剥離や白内障が進行すると、眼球内の圧力が高まって緑内障につながります。緑内障は、短期間で失明してしまうリスクがある、危険な病気です。

⑥平均寿命

イタリアン・グレーハウンドの平均寿命は13歳前後です。気温の変化に弱く、ストレスを溜め込みやすい繊細な一面もあるため、飼育環境には気を配りましょう。

イタリアン・グレーハウンドの飼い方とポイント

イタリアン・グレーハウンド、ボール遊び


ここでは、イタリアン・グレーハウンドを飼うのにおすすめな方の特徴や、お迎えする前に知っておきたい以下のポイントについて解説します。

  • 運動について
  • 飼育環境について
  • 食事・フードについて
  • 防寒・乾燥対策について
  • お手入れについて

どんな人におすすめ?

前述のとおり、イタリアン・グレーハウンドは温厚で飼いやすい犬種です。集合住宅に住んでいる方や子どもがいる方、犬をはじめて飼う方など、幅広い方におすすめできます。

ただし、繊細で我慢強く、ストレスを溜め込んでしまうことがあります。体重管理やストレス発散のためにも、十分な運動量が必要です。毎日お散歩をしたり、積極的に遊んであげたりと、多くの時間と愛情をかけて育てることが欠かせません。

運動について

イタリアン・グレーハウンドは運動神経が抜群で、体を動かすことを好みます。毎日、朝と夕方に30分程度は散歩をさせましょう。ただし、気温の変化に弱いため、猛暑や冬場の散歩は控えめにすることが大切です。その分、空調管理を行った室内で遊んであげてください。過ごしやすい時期は、ドッグランで思い切り走らせてあげることもおすすめです。外に出す際は、首輪だけだと抜けてしまう可能性があるため、ハーネスを使いましょう。

運動をさせる際は、怪我に注意が必要です。イタリアン・グレーハウンドは皮膚が薄く傷つきやすいため、外に落ちている枝や首輪などと擦れて怪我をしないよう、気をつけなければなりません。

飼育環境について

イタリアン・グレーハウンドを飼う際は、飼育環境の整備が不可欠です。気温の変化で負担がかからないよう、空調管理に気を配りましょう。冬場は暖房をかけたり、暖かいマットを敷いたりと、寒さ対策が必要です。夏場は、気温が22度、湿度が60%を超えると熱中症になってしまうリスクが高まります。エアコンで快適な室温を保ってください。

また、硬い床で皮膚が傷ついてしまうことがあります。クッション性の高いマットを敷いてあげることが大切です。

食事・フードについて

イタリアン・グレーハウンドは、体調管理が重要です。太ってしまうと、関節に負担がかかって骨折のリスクが高まります。

食事は、栄養バランスに優れた総合栄養食を与えましょう。一般食の方が食いつきが良いですが、栄養が偏ってしまいます。総合栄養食は、フードと水のみで必要な栄養をバランスよく摂取できるようになっているため、主食には総合栄養食が適しています。

フードのなかにも、子犬用・成犬用・体重管理用など、年齢や目的ごとにさまざまな種類があります。ライフステージに応じて、適切なものを選んでください。

防寒・乾燥対策について

イタリアン・グレーハウンドを飼う際に特に注意しなければならないのが、防寒・乾燥対策です。イタリアン・グレーハウンドは、被毛や皮膚が薄く、脂肪が少ないため寒さに弱く、冬場は必ず暖房を入れる必要があります。冬場のお散歩の際は、服を着させましょう。また、皮膚が乾燥しやすいため、シャンプーをしすぎないことが大切です。乾燥がひどい時期は、保湿スプレーやクリームなどを使い、ケアしてあげましょう。

お手入れについて

イタリアン・グレーハウンドは抜け毛が少ないため、お手入れの負担が少ない犬種です。柔らかいブラシを使ったり、濡らしたタオルで体を拭いてあげるとよいでしょう。乾燥しないよう、シャンプーは月に1回程度が目安です。被毛が短いため乾きやすいですが、しっかり乾かさないと風邪をひいてしまうため、タオルで拭き取った後にドライヤーで乾かしてください。

また、爪の伸びが早いため、怪我をしないようこまめに爪を切りましょう。

イタリアン・グレーハウンドの歴史・起源

イタリアン・グレーハウンド、顔、リード


イタリアン・グレーハウンドの起源は紀元前の古代エジプトにまで遡ります。当時、ファラオの宮廷で飼育されていたのが小型のグレーハウンドです。そこから、地中海を通ってトルコやギリシャに伝わり、イタリアに渡ったのは紀元前5世紀頃と言われています。上流階級の愛玩犬として愛されてきました。

以降、ヨーロッパ各地で貴族に飼育されるようになり、イギリスのチャールズ1世やヴィクトリア女王にも愛されたとされています。しかし、寒さが苦手なイタリアン・グレーハウンドにとってイギリスの寒い気候は適しておらず、一般家庭で飼育されることはありませんでした。

その後、体が小さくなるよう近親交配が進みます。それにより体が弱くなってしまい、戦争で貴族がペットを飼育するのが難しくなると、徐々に姿を消していきました。

一時は絶滅の危機に瀕していたイタリアン・グレーハウンドですが、アメリカに渡っていた個体と交配を進めることで、復活します。1853年にイギリスケネルクラブが発足され、最初に登録された犬種の1つです。

イタリアン・グレーハウンドと長く過ごすなら、ペット保険に入るのが安心

イタリアン・グレーハウンド、寝顔


前述のとおり、イタリアン・グレーハウンドを飼う際は、さまざまな病気やケガに気をつける必要があります。病気によっては、高額な費用がかかる入院や、長期にわたる通院が必要になる可能性も否定できません。

病気にかかりやすいイタリアン・グレーハウンドだからこそ、飼育する際はペット保険に加入することがおすすめです。ペット保険に入ることで、万が一の事態にも安心して対応できます。イタリアン・グレーハウンドを長く大切に育てるために、ペット保険の加入を検討してみてはいかがでしょうか。

ペット保険なら日本ペット少額短期保険株式会社

イタリアン・グレーハウンド、横顔


ペット保険「いぬとねこの保険」には、補償内容ごとに、3つのプランがあります。

  1. プラチナプラン(通院・入院・手術)
  2. ゴールドプラン(通院)
  3. パールプラン(手術)

すべての補償を重視

あらゆる病気やケガなど、さまざまなリスクに幅広く備えたい場合は、通院・入院・手術を回数制限なし、日額制限なしのフルカバーで対応できるプラチナプランがおすすめです。

プラチナプランについてはこちらをご覧ください。

通院などの少額補償を重視

日々の通院治療を重視しつつ保険料を抑えたい方は、回数制限なし、日額制限なしで通院治療に対応できるゴールドプランがおすすめです。長期的な通院が必要になった場合でも、安心して対応できます。

ゴールドプランについてはこちらをご覧ください。

手術に特化した補償を重視

保険料をなるべく抑えたいが、もしものリスクに備えたい場合は、手術のみをカバーするパールプランがおすすめです。高額な手術が必要になるリスクにも安心して対応できます。

パールプランについてはこちらをご覧ください。

ペット保険を選ぶ際は、ライフスタイルや経済力などを考えて、適したプランを選びましょう。また、遺伝疾患は補償対象外となるケースが多いため、遺伝疾患以外の病気をどのくらいカバーしているかを重視して選ぶのがおすすめです。

「いぬとねこの保険」について、詳細はこちらをご覧ください。

まとめ

イタリアン・グレーハウンド、朝日


今回は、イタリアン・グレーハウンドの特徴や性格、飼い方やかかりやすい病気などを解説しました。ペットとして飼いやすく人気が高いイタリアン・グレーハウンドですが、さまざまな病気にかかるリスクがあります。イタリアン・グレーハウンドと長く一緒に過ごすためには、ペット保険に加入することがおすすめです。予算やニーズに応じて適切なプランを選び、万が一の事態にも安心して備えられるようにしましょう。

アルファ動物病院院長鍋島先生

監修獣医師

鍋島淳 (アルファ動物病院院長)

東京大学卒業後、同大学付属動物病院にて研修。
1979年東京都葛飾区に動物病院を開院、院長に。現在に至る。
東京都獣医師会所属。

<アルファ動物病院>

犬種分類表

小型犬

中型犬

      ア行
  • アメリカン・コッカー・スパニエル
  • アメリカン・スタッフォードシャー・テリア
  • アメリカン・フォックスハウンド
  • イングリッシュ・コッカー・スパニエル
  • イングリッシュ・スプリンガー・スパニエル
  • ウィペット
  • ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア
  • ウェルシュ・コーギー・カーディガン
  • ウェルシュ・コーギー・ペンブローク
  • ウェルシュ・スプリンガー・スパニエル
  • ウェルシュ・テリア
  • エアデール・テリア
  • オーストラリアン・キャトル・ドッグ
  • オーストラリアン・ケルピー
  • オーストラリアン・シェパード
      カ行
  • 甲斐犬
  • キースホンド/ジャーマン・ウルフスピッツ
  • 紀州犬
  • ケリー・ブルー・テリア
  • コーイケルホンディエ
  • コリア・ジンドー・ドッグ
    1. サ行
  • サモエド
  • シェットランド・シープドッグ
  • 四国犬
  • 柴犬(小柴・豆柴を含む)
  • シャー・ペイ
  • ジャーマン・ポインター
  • スコティッシュ・テリア
  • スタッフォードシャー・ブル・テリア
  • スタンダード・シュナウザー
  • スタンダード・ダックスフンド
  • スタンダード・プードル
    1. タ行
  • チベタン・テリア
  • チャウ・チャウ
      ナ行
  • 日本スピッツ
    1. ハ行
  • バセット・ハウンド
  • バセンジー
  • ビアデッド・コリー
  • ビーグル
  • プーミー
  • プーリー
  • プチ・バセット・グリフォン・バンデーン
  • ブリタニー・スパニエル
  • ブル・テリア
  • フレンチ・ブルドッグ
  • ベドリントン・テリア
  • ボーダー・コリー
  • ポーチュギーズ・ウォーター・ドッグ
  • ボストン・テリア
  • 北海道犬
  • ポリッシュ・ローランド・シープドッグ
    1. マ行
  • ミニ・オーストラリアン・ブルドッグ
  • ミニチュア・ブル・テリア

大型犬

      ア行
  • アイリッシュ・ウルフハウンド
  • アイリッシュ・セター
  • 秋田犬
  • アフガン・ハウンド
  • アメリカン・ピット・ブルテリア
  • アラスカン・マラミュート
  • イングリッシュ・セター
  • イングリッシュ・ポインター
  • オールド・イングリッシュ・シープドッグ
    1. カ行
  • カーリーコーテッド・レトリーバー
  • グレート・デーン
  • グレート・ピレニーズ
  • グレーハウンド
  • コーカサス・シープドッグ
  • ゴードン・セター
  • ゴールデン・レトリーバー
  • ラフ・コリー
      ハ行
  • バーニーズ・マウンテン・ドッグ
  • ハリア
  • ブービエ・デ・フランダース
  • フラットコーテッド・レトリーバー
  • ブルドッグ
  • ブルマスティフ
  • ベルジアン・シェパード・ドッグ
  • ボクサー
  • ボルゾイ
  • ホワイト・シェパード・ドッグ
    1. マ行
  • マスティフ
    1. ラ行
  • ラージ・ミュンスターレンダー
  • ラブラドール・レトリーバー
  • レオンベルガー
  • ローデシアン・リッジバック
  • ロットワイラー
    1. ワ行
  • ワイマラナー

ミックス犬

  • 両親の犬種が分かっている場合(上記表内に対象の犬種がある場合)、いずれか大きい型に分類します。
  • 両親の犬種が不明の場合・両親のいずれかが不明の場合は、下記表のとおり分類します。

種類

生後8ヶ月未満

生後8ヶ月以上

体重

6kg未満

6〜20kg未満

20kg以上

10kg未満

10〜20kg未満

20kg以上

分類

小型犬

中型犬

大型犬

小型犬

中型犬

大型犬

犬の知識コラム